おっさん女子のmaiNote

おっさん女子の日常です。

バイト中にちがう部署の人から、リストに書いてあるこの商品が
ないんだけどどういうことなの?って言われたことがありました。

入社して2ヶ月経ったくらいの頃だったので分からず、
確認しますと伝えて会話を終えて、ベテランさんに確認を取りました。

結果、その担当は業務委託を受けている会社だということが
分かり、今後の対応としては分からないと伝えて大丈夫、ということでした。

しばらくして。
また同じ人に、ねえこの間、確認してって言ったよねっ!?またリストに出てるんだけど
どういうこと!?とヒステリックに言われました。

A社さんの担当なので、分からないんですよ~と伝えたらヒートアップ。
とにかく確認して!!のオンパレード。
話を聞かない。

私が何かミスをしたわけでもないのに、ヒステリックに責められて
とても嫌な気分でした。

でも、ここで引き下がってしまっては、やられるばかりになってしまうかも知れない。
それでは今までと同じ。
そう思って、チーム内でいちばんの古株パートさんと社員に相談しました。

そうしたら、その人は以前まではうちのチームにいた人で、あまりにトラブルを
起こすから別部署に異動になった人だということが判明。

私の対応で問題はないと言われ、ほっとしたものの、うちの仕事を理解した上で
あの質問て・・・ただのいびりだったんだ、と理解しました。

この日は社員が対応してくれて、また何かあったら報告するということで終わったのですが・・・

その「また」が起きてしまい、社員に相談し、社員から更に上に報告が行き、
今度面談することになりました。

・・・もう辞めてしまおうかな、って思っちゃった。
しんどい。
いや、それじゃ同じことの繰り返しか。

私は気付かない内に、その人のことを傷つけるようなことをしてしまったんでしょうか?
失礼なことをしてしまっていた、とか?

万が一、そうだったとしても、嫌がらせを受ける道理はない。

今日はどっと疲れてしまって、出来るものならしばらく布団の中に引きこもりたい気分。

スポンサーサイト
早いもので、バイトを始めて4ヶ月です。
精神状態に波があるのが本当に辛いけど、なんとか続いています。

<4ヶ月続けてみての感想>

・対人恐怖がひどすぎて、周りに受け入れられないと思い込んでた(んなこたぁない)
・ほんの少しでも収入があると安心感がある
・緊張が原因で、様々なことが困難になることが分かった
・週20時間の労働で体力の限界
・頭を使う仕事より、体を動かす仕事の方が調子が良い
・仕事に慣れてきたら、フラッシュバックがひどくなった
・お風呂に入った回数が多い月は、精神状態が比較的安定している気がする

あと、未だにフォークリフトに轢かれそうになります。
避けるために、邪魔にならないように、忍者みたいな動きを習得しつつあります。

よくよく考えたら、仕事のミスはほとんどなくなったんでした。
注意されることもあまりなくて、仲良くお喋り出来る同僚達がいて、
お腹の底から笑ってる日もあります。

だけど、過去の嫌な出来事が頭を占めてしまうことがあって、
そういう日は辛いです。
今を生きられるようになりたい。

大嫌いな人のことより、大好きな人たちのことで頭をいっぱいにしたいです。


先月くらいから新しい仕事を任され、どうもそれがシンドイ。

なんでだろ?って考えたけど、たぶん、集中力が必要な仕事だから。
私の今の集中力は、2万字程度の小説をなんとか読めるくらい。

今、PMSの酷い時期に入ってるせいか、何度もこのバイト辞めようと思った。

社員に相談して、集中力が必要な業務からは外して貰おうかと考え中。
ただ、PMSのときって物事を極端に考えがち。
気持ちが落ち着いたら、もう一度考えてみよう。

普段は気にならないことが、PMSの時期に入ると気になって仕方がない。

大人しくて従順な性格の私。ほんと自分が嫌で仕方ない。

仕事中、なんで私ばっかりに言うの?他の人がやっても言われないのに!
そんな気持ちが強くなる。

ただ、冷静に考えると他人との比較は意味がなく、次回から悪いところを直せばいいだけ。
言いやすいタイプとそうでないタイプがいるけど、仕事上の注意は素直に聞くところだろう。

なんでこんなに反抗的になるのか。
それは、以前に仕事上の注意を装った、ストレス発散の捌け口にされたことがあったから。
たびたび思い出しては、私が気弱だからやられるんだ、って悲しくてたまらなくなる。

そしてこれから先もずっと、そういう思いをして生きていかないといけないのかと絶望する。
どうにかしたい。でもどうしたらいいのか。焦る。

今は、ちがうはずなのに。
普段から親切にしてくれている人の注意にすら傷ついている。

過去の嫌な出来事が今と重なって見えてしまい、
恐怖と不安でいっぱいになる。

仕事自体が辛いんじゃなくて、自分の中に抱えてるものが溢れて辛い。