おっさん女子のmaiNote

おっさん女子の日常です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVや虐待について、学びま・・した(ぐったり)

子供の頃、お母さんに弟がイチバン可愛い、とか、子供がかわいそうだから離婚出来ないと
言われ、いつも申し訳ない気持ちを持ちつつ、私のことも見て欲しい。。。そう思ってたことを
授業で鮮明に思い出しました。

なんで忘れてたんだろう。

人間の自分を守ろうとする脳の働きってすごいなーと思いつつも、思い出しても大丈夫になったんだね。


会社では楽しいこともシンドイこともあるんだけど、一日のほとんどを過ごす場所だから
辛いことは少ない方がよかー。

授業の後に気付いたけど、社長が理不尽でシンドイのは表面の理由で、そこに過去のトラウマが
重なるから、余計に辛いんだなぁと思いました。

社長に怒鳴られるのはいつも私で、ストレス発散に使われることもある。
かと思えば、機嫌の悪い社長をうまくなだめる年下の男性社員Kさん。

社長=お母さん
男性社員Kさん=弟

あぁ~、イヤだぁぁぁ(>д<)

弟は、ご機嫌取るのが上手だったし、怒られない言い回しとか出来て・・・要領いいよな~と
思ってきたけど、それって男性社員Kさんと全く一緒。。。

そして、お母さんの理不尽な怒りをもろに受けて、私はお母さんを困らせる悪い子なんだって
泣いていたあの頃と今が繋がる。

それでも、お母さんは好きだし愛されたかった。
自分が悪いことにして、相手が望むいい子になろうとした。(実際、親が望む通りに育った)

自分が悪いことにして、社長に怒られないように必死な今。

子供時代の辛い経験が、誰かの理不尽をぶつけられやすいタイプにしてしまったのだね。

自己肯定感をあげること、これがパターンから抜け出すためのキーだけど、漠然としてて
具体的に何をすればいいのか、と頭がポカーン状態もあって思いつかぬよ(・ω・;)

お母さんにも色々な事情があったろうけど、されたことは許すまじ。

でも、大人になった今はもう、親のせいじゃなく自分の問題。
ちょっとずつ癒していこう。

とりあえず、かーちゃんの大好きなコーヒー牛乳に、お酢を仕込んでやろうと思います。
十倍返しじゃー!!(良い子はマネしないでね!)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://mainote0925.blog.fc2.com/tb.php/71-4322cc43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。